金融のピックアップサイト。。

基本が大切☆FXの基礎知識

今は日本経済が強いのか、悪いのかわからないような状況が続いている。株価はこれでもかという風に値下がりを続けているが、日本の通貨である『円』は、これ以上もないぐらいの空前の高値を記録し続けている。

これは、逆に言うと、FX取引(外国為替証拠金取引)においては、マーケットとしてすごく注目するところがあるのではないか、と少し前までは考えていた。しかし、それはすごく単純な考え方であると後で気づいたのだが。

基本的にFXで一儲けをたくらむには、レバレッジを掛けて、実際の投資額以上のリターンを目指すのが普通であるが、儲けも損失も同じくらい振れるのだから、損失も投資額に見合わないくらいのものになるのである。

基本的に、ギャンブルと投資は共通点がある。それは損か得、その二つしかありえないし、それはほぼ人の故意の手が加わらない限り、どちらの確立も五分五分であるということらしい。

そして、これだけ為替の変動が大きくなれば、投資の範疇を超えて、丁半博打のギャンブルに近くなってくる。

それに気づいてからは、今年の初めまで頻繁に行っていた取引も今は控えている。もちろん投資のリターンもかなり悪い。

新聞やニュースもきちんと

FXをやっていると、世界経済の動きに目を光らせるようになりますね。

どの国でデモがあっているとか、それによって経済にどんな影響があるのか、新聞やニュースもきちんと見るようになります。

そうやって学んだことは、世界はつながっていて影響しあっているということですね。

どこかの国が経済危機に陥れば、その影響で全体が下がってしまいます。
世界同時株安や円高など、国際社会の影響をもろに受けるのが投資の世界で、経済なのだということを身を持って学びました。
そんな状況で利益を出すためには先見性や、冷静さが必要だということも実感します。

損をしてしまうと焦ってすぐ取り戻さなければと考えてしまいますが、感情的になることはもっとも危険でよい結果を生まないことが多いです。

諦めることも必要で、あらかじめ自分の中でここまでは勝負する、この値段で売るなどというルールを決めおくと冷静に対処できるようになります。

もっと待っていれば期待できそうだという状況でも、潔くルールに則って行動する方が、目先のことに一喜一憂するよりも重要になってきます。

Copyright (C)2015基本が大切☆FXの基礎知識.All rights reserved.